PROJECTS

VISION

「計算機自然は,人と機械,物質と実質の間に多様な選択肢を示す」

落合陽一准教授が主宰するデジタルネイチャー研究室は,ユビキタスコンピューティングの先に「計算機自然(Digital Nature)」の到来を見据えています.計算機自然では,人と機械,物質世界(Material World)と実質世界(Virtual World)の間に,今までの工業化社会よりも多様な未来の形が起こりうると考えられます.本研究室は,そういった物質性と実質性の間で,計算機応用のもたらす様々な選択肢を想定し,それらを計算機科学的に実装することで,産業・学問・芸術に至る様々な問題解決に挑戦し,人・計算機・自然における新たな文化的価値の創成を目指します.

EVENTS

NEWS

MEDIA PRESENTATION

Powered by

Supported by