DNG in HCI International 2019 / 米フロリダ州オーランド で開催されるHCI International 2019にて5つの研究発表を行います

2019. 07. 09

We will present 3 research projects at The 21st international conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2019) . See you in Orlando, Florida, US!

デジタルネイチャー研究室は,米フロリダ州オーランドで開催されるThe 21st international conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2019)にて,3件の登壇発表と2件のポスター発表を行います。

Official Web:http://2019.hci.international/index.html

 

発表プロジェクト (全5件)

Wrist-Mounted Haptic Feedback for Support of Virtual Reality in Combination with Electrical Muscle Stimulation and Hanger Reflex

電気筋肉刺激とハンガー反射を組み合わせたユーザーの手首の制御方法

Design Method of 3D Printable Ergonomically Personalized Stabilizer

3Dプリントが可能な人間工学的にカスタマイズされたスタビライザーの設計方法

AR Cooking: Comparing Display Methods for the Instructions of Cookwares on AR Goggles

ARゴーグル上の調理器具の指示のための表示方法の比較動作撮影用個別スタビライザーの設計方法

Glass-beads Display: Evaluation for aerial graphics rendered by retro-reflective particles

再帰性反射材を用いた空中映像を投影するディスプレイの開発と性能評価を行ったプロジェクト

LipSpeaker: Helping Acquired Voice Disorders People Speak Again

後天性音声障害の人々が日常生活でコミュニーションを取ることを助けるためのプロジェクト

2019/07/29追記:“LipSpeaker” won Best Poster Award of the HCII 2019 Conference

 

Oral presentations

Mose Sakashita, Satoshi Hashizume, and Yoichi Ochiai. 2019. Wrist-Mounted Haptic Feedback for Support of Virtual Reality in Combination with Electrical Muscle Stimulation and Hanger Reflex. In HCI International 2019 (to appear).
Session “Touch and haptics“ 2019-07-29 (Monday) / 13:30 – 15:30

Ryota Kawamura, Kazuki Takazawa, Kenta Yamamoto, and Yoichi Ochiai. 2019. Design Method of 3D Printable Ergonomically Personalized Stabilizer. In HCI International 2019 (to appear).
Session “Knowledge, information and interaction” 2019-07-29 (Monday) / 13:30 – 15:30

Hiroki Hasada, Jungian Zhang, Kenta Yamamoto, Bektur Ryskeldiev and Yoichi Ochiai. 2019. Comparing Methods for Instructions of Cookwares on AR Goggles. In HCI International 2019 (to appear).
Session “Digital Human Modeling and Applications in Health, Safety, Ergonomics and Risk Management” 2019-07-30 (Tuesday) / 10:30 – 12:30

Poster presentations

Shinnosuke Ando, Kazuki Otao, Yoichi Ochiai. Glass-beads Display: Evaluation for aerial graphics rendered by retro-reflective particles. In HCI International 2019 (to appear).

Yaohao Chen, Junjian Zhang, Yizhi Zhang, Yoichi Ochiai. 2019. LipSpeaker: Helping Acquired Voice Disorders People Speak Again. In HCI International 2019 (to appear). 

 

研究室概要

名称 : デジタルネイチャー推進戦略研究基盤
代表者 : 准教授 落合 陽一
所在地 : 茨城県つくば市春日1-2
研究内容 : 波動工学、デジタルファブリケーション、人工知能技術を用いた空間研究開発
URL : https://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/

代表略歴

落合陽一 Yoichi Ochiai

1987年生まれ、2015年東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了、博士 (学際情報学)。その後、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社創業、フェーズドアレイ技術やデジタルファブリケーション技術の開発に関わる。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰。機械知能と人間知能の連携について波動工学やデジタルファブリケーション技術を用いて探求。2015年より、一般社団法人未踏 理事、一般社団法人バーチャルリアリティコンソーシアム理事。2017年から2019年3月まで筑波大学 学長補佐、2017年より大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授。2017年12月、「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」を筑波大学内に設立し、筑波大学助教を退職,及び本基盤の代表/准教授として筑波大学に再就任。受賞歴として、IPA認定スーパークリエータ・天才プログラマー (2010年)、ワールドテクノロジーアワード (2015年)、プリアルスエレクトロニカHonorary Mention (2016年)、グッドデザイン賞 (2014年、2015年)、経済産業省Innovative Technologies賞 (2014年、2015年、2016年)、ザンガレンシンポジウム 明日のリーダー200人、ベストナレッジプール40人に選出 (2017年)、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品:アート部門/エンターテイメント部門 (2017年) など。

本件に関するお問い合わせ先

名称  : 筑波大学デジタルネイチャー推進戦略基盤
Email : secretary@pixiedusttech.com

News