Glass-beads Display : Evaluation for aerial graphics rendered by retro-reflective particles

2019. 05. 21

再帰性反射材を用いた空中映像を投影するディスプレイの開発と性能評価を行ったプロジェクト

We present a novel method for rendering aerial images using retroreflective particles. Retro-reflective particles are composed of glass beads that are half-coated with mirror films. They reflect light in different directions without any significant reduction in brightness because the falling particles can rotate in all directions. We evaluate the proposed method through a comparison with conventional aerial screens, such as fog and gas.

再帰反射粒子を使用して空中画像をレンダリングするための新しい方法を提示します. 再帰反射粒子は,ミラーフィルムで半分コーティングされたガラスビーズで構成されています. 落下する粒子はすべての方向に回転できるため,明るさを大幅に低下させることなく,さまざまな方向に光を反射します. 霧やガスなどの従来の空中スクリーンとの比較を通じて提案手法を評価します.

Shinnosuke Ando, Kazuki Otao, Yoichi Ochiai

安藤真之介, 大峠和基, 落合陽一

HCII 2019 Poster [3.0MB]