DNG in AHs 2021 / オンライン開催される Augmented Humans 2021 にて発表を行います

2021. 02. 22

デジタルネイチャー研究室は,オンライン開催される Augmented Humans 2021 にて『Interactive Eye Aberration Correction for Holographic Near-Eye Display』の口頭発表を行います.

Official Web : http://augmented-humans.org

発表プロジェクト

Interactive Eye Aberration Correction for Holographic Near-Eye Display

Distortions of observed images have been a long-standing problem in near-eye displays. Although many correction methods for optical system-dependent aberrations have been proposed, the image distortions caused by eye aberrations have not been studied thoroughly. In addition to the problem, eye aberrations are individual specific. Therefore, a system capable of correcting the aberration irrespective of the individual is necessary. In this study, we propose an aberration-correctable holographic near-eye display (HNED) that can be used to interactively compensate for image distortions caused by eye aberrations. We formulate a propagation equation that includes eye aberrations in the HNED and developed a GUI that enables a user to correct eye aberrations on their own. In this system, the image displayed on the HNED is updated based on the correction coefficients specified by the user. We performed experiments on human subjects to verify the effectiveness of the proposed method. Our results indicate that the minimum identifiable size in our HNED can be reduced by the aberration correction using our interface, and especially our aberration correction method is useful for the visibility of low visual-acuity users.

Project page : https://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/2021/02/interactive-eye-aberration-correction-for-hned/

Publication : Kenta Yamamoto, Ippei Suzuki, Kosaku Namikawa, Kaisei Sato, and Yoichi Ochiai. 2021 Interactive Eye Aberration Correction for Holographic Near-Eye Display. In Proceedings of the Augmented Humans (AHs) International Conference 2021. (to appear)

Session 6: Augmented Vision
日本時間 (JST) 2021 / 02 / 24 (Wed) 18:15 – 18:30 
現地時間 (EET) 2021 / 02 / 24 (Wed) 11:15 – 11:30

詳細につきましてはこちらのページをご確認ください.

研究室概要

名称 : デジタルネイチャー研究室
代表者 : 准教授 落合 陽一
所在地 : 茨城県つくば市春日1-2
研究内容 : 波動工学、デジタルファブリケーション、人工知能技術を用いた空間研究開発
URL : https://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/

代表略歴

落合陽一 Yoichi Ochiai

1987年生まれ、2015年東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了、博士 (学際情報学)。その後、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社創業、フェーズドアレイ技術やデジタルファブリケーション技術の開発に関わる。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰。機械知能と人間知能の連携について波動工学やデジタルファブリケーション技術を用いて探求。2015年より、一般社団法人未踏 理事、一般社団法人バーチャルリアリティコンソーシアム理事。2017年から2019年3月まで筑波大学 学長補佐、2017年より大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授。2017年12月、「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」を筑波大学内に設立し、筑波大学助教を退職,及び本基盤の代表/准教授として筑波大学に再就任。2020年6月,筑波大学デジタルネイチャー研究開発センター センター長に就任。受賞歴として、IPA認定スーパークリエータ・天才プログラマー (2010年)、ワールドテクノロジーアワード (2015年)、プリアルスエレクトロニカHonorary Mention (2016年)、グッドデザイン賞 (2014年、2015年)、経済産業省Innovative Technologies賞 (2014年、2015年、2016年)、ザンガレンシンポジウム 明日のリーダー200人、ベストナレッジプール40人に選出 (2017年)、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品:アート部門/エンターテイメント部門 (2017年) など。

本件に関するお問い合わせ先

名 称 : 筑波大学デジタルネイチャー研究室
E-mail : contact@digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp

News