東京で開催される「SIGGRAPH ASIA 2018」で4つの研究を発表します

2018. 11. 28

デジタルネイチャー研究室は、東京で開催されるSIGGRAPH ASIA 2018にて、4つの研究成果を発表いたします。

発表プロジェクト (全4プロジェクト)

Coded Skeleton:メカニカル・メタマテリアルを用いて作成された形状変形をするインターフェースです。変形形状が一意に定められたメカニカル・メタマテリアルを使用することで、伸縮だけのアクチュエーションで多様な湾曲変形を実現します。

Eholo glass: 電子ホログラムによるリアルタイムに焦点調整が可能なアイボックス大きい装着型ディスプレイの提案です。

Retinal HDR:透過型ミラーデバイスを用いた網膜投影手法とハイコントラストプロジェクターを用いたHDR表示光学系の提案です.

Novel structure using quasirigid folding of voxel in Ron Resch pattern:Ron Reschパターンを用いてxyzの3軸に対して同時に膨張可能な変形構造の提案です。ヒンジにコンプライアントメカニズムを用いることにより1自由度に近い変形をします。

 

学会概要
開催期間:2018年12月4日(火)~ 12月7日(金)
会場:東京国際フォーラム, 東京, 日本
公式サイト:https://sa2018.siggraph.org/

 

発表題目

Technical Briefs (Talk)

  1. Miyu Iwafune, Taisuke Ohshima, and Yoichi Ochiai. 2018. Coded Skeleton: Shape Changing User Interface with Mechanical Metamaterial. In SIGGRAPH Asia 2018 Technical Briefs (SA ’18). ACM, New York, NY, USA, Article 11, 4 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3283254.3283255
  2. Chun Wei Ooi, Naoya Muramatsu, and Yoichi Ochiai. 2018. Eholo glass: Electroholography glass. A lensless approach to holographic augmented reality near-eye display. In SIGGRAPH Asia 2018 Technical Briefs (SA ’18 Technical Briefs ), December 4–7, 2018, Tokyo, Japan. ACM, New York, NY, USA, 4 pages. https://doi.org/10.1145/3283254.3283288

Posters

  1. Yuta Itoh, Kenta Yamamoto, and Yoichi Ochiai. 2018. Retinal HDR: HDR Image Projection Method onto Retina. In Proceedings of SA ’18 Posters, Tokyo, Japan, December 04-07, 2018, 2 pages. https://doi.org/10.1145/3283289.3283329
  2. Shingo Uzawa, Toshiharu Igarashi, Kazuki Takazawa, Nozomi Magome, and Yoichi Ochiai. 2018. Novel structure using quasirigid folding of voxel in Ron Resch pattern. In SIGGRAPH Asia 2018 Posters (SA ’18). ACM, New York, NY, USA, Article 33, 2 pages. DOI: https://doi-org.ezproxy.tulips.tsukuba.ac.jp/10.1145/3283289.3283363

Talks (Invited)

  1. Yoichi Ochiai, Understanding Asia: Focus Japan.

研究室概要
名称 : デジタルネイチャー推進戦略研究基盤
代表者 : 准教授 落合 陽一
所在地 : 茨城県つくば市春日1-2
研究内容 : 波動工学、デジタルファブリケーション、人工知能技術を用いた空間研究開発
URL : http://digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp/

代表略歴
落合陽一 Yoichi Ochiai

1987年生まれ、2015年東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了、博士 (学際情報学)。その後、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社創業、フェーズドアレイ技術やデジタルファブリケーション技術の開発に関わる。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰。機械知能と人間知能の連携について波動工学やデジタルファブリケーション技術を用いて探求。2015年より、一般社団法人未踏 理事、一般社団法人バーチャルリアリティコンソーシアム理事。2017年より筑波大学 学長補佐、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授。2017年12月、「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」を筑波大学内に設立し、筑波大学助教を退職,及び本基盤の代表/准教授として筑波大学に再就任。受賞歴として、IPA認定スーパークリエータ・天才プログラマー (2010年)、ワールドテクノロジーアワード (2015年)、プリアルスエレクトロニカHonorary Mention (2016年)、グッドデザイン賞 (2014年、2015年)、経済産業省Innovative Technologies賞 (2014年、2015年、2016年)、ザンガレンシンポジウム 明日のリーダー200人、ベストナレッジプール40人に選出 (2017年)、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品:アート部門/エンターテイメント部門 (2017年) など。

本件に関するお問い合わせ先

名称 :筑波大学デジタルネイチャー研究室
担当者名 :落合陽一
Email :secretary@pixiedusttech.com

News