Masaki Okamura

UNDERGRADUATE

卒業研究生(undergraduate research)

Education

筑波大学
情報学群知識情報・図書館学類 4年

University of Tsukuba,
School of Informatics,
College of Knowledge and Library Sciences,
B4

Profile

1998年誕生。福岡県立鞍手高校を卒業。筑波大学入学後2年次からAREプログラムとしてシステム系の筑波大学人工知能研究室(担当:鈴木健嗣先生)に参加し、聴覚に障害のある方をサポートする音源方向提示デバイスの作成、嚥下信号の可視化・分類の研究に関わる。
2021年より、デジタルネイチャー推進戦略研究基盤に所属。
現在は、Sarcar先生とともに高齢者支援をテーマに研究を行なっている。

Born in 1998. Graduated from Fukuoka prefecture Kurate high school. He joined Artificial Intelligence Laboratory(Prof:Kenji Suzuki) from the second grade as ARE program. Then He made a device for deaf people , worked signal processing of swallow data.
Since 2021 he belongs to the Digital Nature Group at Tsukuba university.
Currently, he work elderly accessibility project with Sarcar.

mail : masaki_ok[at]digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp