ReverseCAVE

2017. 05. 30

CAVE-based Visualization Methods of Public VR Towards Shareable VR Experience
HMDを被ったプレイヤーのいる世界を見物者に向けて可視化しVRデバイドを解決するためのパースペクティブ共有技術

Head mounted display (HMD) is rapidly spreading as a device for experiencing virtual reality (VR). However, VR with HMD is closed experience among those who are experiencing the VR, and can only be individually experienced by the specific person. We call this perspective gap. These perspective gaps exist in many situations. To address these problems, we present ReverseCAVE, a system for sharing the experiences of people in VR with others (observer). As another application, it is possible to visually recognize the actual appearance of the person performing the act at the motion capture studio and the superimposed character at the same time. ReverseCAVE has four translucent screens surrounding the player. VR environment that the player is experiencing is projected onto the screens. By this, the observer can see both the physical player and the VR environment experienced by the player simultaneously. Also, in the motion capture system, when viewing the actor from the observer outside of ReverseCAVE, the character is superimposed to the actor. This makes it look as if the actor is the actual character from the observer. We enhance the observers’ experience by ReverseCAVE.

本プロジェクトは,HMDを装着した人間のみ楽しむことができるVRという体験を,HMDを装着していない他者へ共有可能にするものである.我々は「VR体験はHMDを装着している人しか楽しむことができない」という状況こそがVR普及の妨げになっていると考え,これを解決するソリューション「ReverseCAVE」を提案する.

VRコンテンツが急速に普及しつつある現代において,我々はなんとも奇妙な光景を多くの場所で目にするようになった.それは,黒いVRゴーグルを身に着け,様々な得も言われぬ動きをしている人々の姿である.ほとんどの場合,HMDを装着したVRプレイヤーの体験を,生身の他者が共有することは不可能である.我々はこのような問題を “Perspective gap” と呼ぶ.現に Perspective gap は VR・AR・MR が関わる全ての領域に存在している.例えば,ゲームショーにおけるVRゲームの展示や,モーションキャプチャスタジオにおける演者と監督など,様々なコンテキストにPerspective gap は存在する.Bioccaらの研究では,VR体験は,家族や友人とシェアすることでより豊かなものとなると報告されている.よって,物理的なVR体験を,プレイヤー以外の周囲をも巻き込みつつ,共に体験可能な環境を提供することが重要である.しかしながら未だ,VRは機器装着者のみが得る体験となっており,この「共有の不」がVRの完全な普及を足止めしていると我々は考えた.

空間を覆う半透明スクリーンと多数のプロジェクタ等で構築される “ReverseCAVE” システムを用いることにより,Perspective gap 問題を解決するものである.“ReverseCAVE” システムにおいては,ユーザとして,プレイヤーとオブザーバーを想定する.プレイヤーはHMDを装着し,スクリーン空間中においてVRを体験する.このとき,プレイヤーが体験するVR空間が,プレイヤーとVR空間の位置関係を保ったまま,リアルタイムにプレイヤーを覆うスクリーンへと投影される.これにより,オブザーバーはHMDを装着せず,プレイヤーとVR空間における動きをプレイヤーと同時に体験することが可能となる.また,モーションキャプチャスタジオにおいては,実空間の演者に対しリアルタイムにキャラクターの動きを同期し投影することにより,真にキャラクターと融合した演技が可能となる.“ReverseCAVE” は,VR空間をフィジカルに現実の空間へと融合させ,ひいては「共有の不」を廃した完全なVRの普及を目指すためのシステムである.

Akira Ishii, Masaya Tsuruta, Ippei Suzuki, Shuta Nakamae, Tatsuya Minagawa, Junichi Suzuki and Yoichi Ochiai
石井晃,鶴田真也,鈴木一平,中前秀太,皆川達也,鈴木淳一,落合陽一

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=5BYORmQR6U8?rel=0&w=1140&h=641]

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=GUVOxQkkZ_0?rel=0&w=1140&h=641]

[slideshare id=78520983&doc=rcaves2017src-170803041422]

[slideshare id=135860276&doc=rcaveah2018distribution-190312141005]