Air Talk-Starter

2022. 07. 20

The Air Talk-Starter can shoot an air vortex ring towards the head of a person being talked to in order to indicate the direction the communication is coming from, thereby signaling to the partner the beginning of conversation.

Team member Shitara, who is Deaf, thought that when a Deaf or hard-of-hearing person talks to someone without hearing loss and vice versa, it is confusing and may be difficult to resolve misunderstandings. In addition, he felt that vibrations from smartphones and smartwatches are unsuitable for talking to the Deaf or hard-of-hearing because they force him to pay attention to the device.

Air vortex rings are doughnut-shaped vortices ejected from an air cannon that can travel long distances across the room and exert a soft and noticeable force on human skin and hair. The system we have developed is simple and is actuated by five loudspeakers attached to the air cannon housing, which forces the air inside of it outwards to generate air vortex rings.  we found that when the air vortex ring contacts a human hair it vibrates as an oscillating element, resulting in a higher haptic recognition accuracy than when the ring contacts bare skin.  This phenomenon can remotely notify a deaf or hard-of-hearing person from a distance of 1 to 2 meters. We are currently working on improvements to extend this range.

Project member:Ryosei Kojima, Akihisa Shitara, Yoichi Ochiai

ろう・難聴者が抱える最大の問題の一つに話しかけられたことに気づけないことがあります。聴覚障害は外見や行動だけでは障害の有無やその程度に気がつかず、話しかけられても気がつかない様からコミュニケーションの機会の損失を大きく受けています。 Air Talk-Starterは空気渦輪を話しかけられた人の頭部に当てることでその方向を提示し、コミュニケーションの入り口を作りやすくします。

チームメンバーでろう者の設楽はろう・難聴者から聴者に話しかけるとき、あるいは逆のパターンのときも、お互い置かれている状況が汲み取りにくく戸惑うことがあると考えていました。それに加えて、スマートフォンやスマートウォッチなどの振動を用いた触覚提示を用いるとなると、強制的に振動に気を向けてしまうという違和感を抱えやすく、話しかけに適しにくい。そしてどうしても自分の身体に接触しないといけないことが気がかりでした。

空気渦輪とは空気砲から射出されるドーナツ状の渦のことで空気中を長く移動することができ衝突した面には強い力を与えることができます。開発したシステムは空気砲の筐体に取り付けられた5個のスピーカを駆動させることで中の空気を押し出し空気渦輪を発生させるとてもシンプルなものです。空気渦輪を人間の髪の毛に当てるとそれが振動子として震えるため地肌に当てるよりも触覚の認識精度が高くなることを利用し,1〜2mの距離に渡って遠隔的にろう・難聴者に通知を行うことができます.現在この飛距離を拡張すべく改良を進めています。

プロジェクトメンバー:小嶋凌勢,設楽明寿,落合陽一

本プロジェクトに関するお問い合わせ / Contact
E-mail: ryosei.kojima <-at-> digitalnature.slis.tsukuba.ac.jp (<-at->を@に置き換えてください)
担当: 小嶋凌勢