Blind-Badminton

2021. 07. 03

A Working Prototype to Recognize Position of Flying Object for Visually Impaired Users

様々な飛翔体を用いた視覚障害者向け球技競技開発のためのシステム開発と検証

This paper proposes a system for recognizing flying objects during a ball game in blind sports. “Blind sports” is a term that refers to a sport for visually impaired people. There are various types of blind sports,  and  several  of  these  sports,  such  as  goalball  and  blind  soccer, are registered in the Paralympic Games. This study specifically aimed at realizing games similar to badminton. Various user experiments were conducted to verify the requirements for playing sports that are similar to badminton without visual stimulus. Additionally, we developed a system that provides users with auxiliary information, including height, depth, left and right directions, and swing delay by adopting sound feedback via a binaural sound source, as well as haptic feedback via a handheld device.This study evaluated several conditions including that of a balloon owing to its slow falling speed and adopted a UAV drone that generates flight sounds on its own and adjusts its speed and trajectory during the course of the games. To evaluate playability, this study focused on three points: a questionnaire following the experiment, the error in the drone’s traveling direction,  and  the  racket’s  swing  direction.  From  the  play  results  and answers of the questionnaire, it was determined that the users were able to  recognize  the  right  and  left  directions,  as  well  as  the  depth  of  the drone using the noise generated by the drone, and that this approach is playable in these situations.

本稿では、ブラインドスポーツにおける球技での飛翔体を認識するシステムを提案します。ブラインドスポーツとは、視覚障がい者のためのスポーツを指す言葉です。ブラインドスポーツには様々な種類があり、ゴールボールやブラインドサッカーなど、いくつかのスポーツがパラリンピックに登録されています。本研究では、特にバドミントンに似たゲームの実現を目指しました。様々なユーザー実験を行い、視覚情報に依存しないバドミントンに似たスポーツを行うための調査を行いました。また、高さ、奥行き、左右の方向、スイングの遅れなどの補助情報を、バイノーラル音源による音のフィードバックと、携帯端末による触覚のフィードバックで提供するシステムを開発しました。本研究では、落下速度が遅い風船を使った条件や、自ら飛行音を発生し、ゲーム中に速度や軌道を調整するUAVドローンを採用しました。プレイアビリティの評価は、実験後のアンケート、ドローンの進行方向の誤差、ラケットのスイング方向の3点に着目して行いました。 プレイ結果とアンケートの回答から、ユーザーはドローンから発生するノイズを利用して、左右の方向やドローンの奥行きを認識することができ、プレイ可能であると判断しました。

Masaaki Sadasue, Daichi Tagami, Sayan Sarcar, Yoichi Ochiai