Render the Gender: Rendering Pipline for Trasnforming Body Shape with 3D Printer

2020. 06. 26

The history of human dressing as a woman is long. It started as a female Kabuki girl in the Edo period, and is now known as the “Drag Queen”. In addition, due to the influence of anime culture, men often cosplay female characters, and women’s clothing is established as entertainment. Crossdressing is a form of entertainment. However, the physical appearances of men and women are often different. However, human beings often use a pad, typically a shoulder pad, to adjust the appearance of the body. Although much research has been done on the body, there has been relatively little research on geometrically dressing as a woman (as of 2016). Therefore, in order to fill the difference in physique, we thought that by creating a personalized pad, more ideal female clothes could be made.

We thought that it would be possible to generate a personalized pad by calculating the difference between the skeleton and the flesh of men and women, but it is difficult to 3D scan the human body from the top of clothes and boole an ideal 3D mesh, This project has not realized the system.(Google Translated)

 

人類の女装の歴史は長い。江戸時代での歌舞伎の女形に始まり、現在では「ドラァグクイーン」と呼ばれるものがある。また、アニメ文化の影響で、男性が女性キャラのコスプレをすることも多く、女装はエンターテイメントとして成り立っている。女装はエンターテイメントとして成り立っている。しかし、男性と女性の体格の見た目は、多くの場合異なる。だが、人間はしばしば体格の体裁を整えるために、肩パッドを代表にパッドを用いる。身体に関する研究は多くなされているが、幾何学的に女装をする研究は、比較的に行われてない(2016年時点)。そこで、体格の差を埋めるために、パーソナライズされたパッドを生成することで、より理想的な女装が行えると考えた。

男性と女性それぞれの骨格、肉付きの差分の計算によりパーソナライズされたパッドを生成することができると考えたが、服の上からの人体の3Dスキャニングや理想的な3Dメッシュのブーリングが困難であり、このプロジェクトはシステムの実現に至っていない。

Tatsuya Minagawa
皆川達也