Optical Cloaking Display

2019. 08. 05

面対象結像光学系を組み合わせることで不可視領域を作成する.

In the graphics research context, optical cloaking that hides an object by relaying a light field is also a kind of display. Despite much interest in the cloaking, large-size cloaking has not been achieved without some limitations and/or assumptions. To solve this problem, a computational design method is proposed for an optical cloaking display via viewpoint transformation. The method uses two kinds of passive optical elements that transfer a point into a plane symmetric point.

グラフィックス研究のコンテキストでは,光場を中継することにより物体を隠す光学的クローキングもディスプレイの一種です.クローキングには大きな関心がありますが,いくつかの制限や仮定なしでは大型のクローキングは達成されていません.この問題を解決するために,視点変換による光学クローキングディスプレイのための計算機設計法が提案されています.この方法では,点を平面対称点に変換する2種類の受動光学素子を使用します.

Takahito Aoto*, Yuta Itoh*, Kazuki Otao, Kazuki Takazawa, Yoichi Ochiai.

青砥隆仁、伊藤優太、大峠和基、高澤和希、落合陽一

[slideshare id=161731576&doc=siggraph2019cloaking-190807002617]