Trans-scale Playground

2018. 10. 11

Trans-scale Playground

We present a novel tele-xistence system and design methods for tele-xistence studies to explore spatial scale deconstruction. There have been studies on the experience of dwarf-sized or giant-sized telepresence have been conducted over a period of many years. In this study, we discuss the scale of movements, image transformation, technical components of telepresence robots, and user experiences of tele-xistence-based spatial transformations. We implemented two types of telepresence robots with an omnidirectional stereo camera setup for a spatial trans-scale experience, wheeled robots, and quadcopters. These telepresence robots provide users with a trans-scale experience for a distance ranging from 15 cm to 30 m. We conducted user studies for different camera positions on robots and for different image transformation method.

空間スケールの脱構築を模索するテレイグジズテンス(遠隔臨場感)研究のための新しいテレイグジスタンスシステムと設計方法を提案する。小人サイズや巨人サイズのテレプレゼンス経験に関する研究が長年にわたり行われてきた。本研究では,移動の規模,画像変換,テレプレゼンスロボットの技術的構成要素,およびテレプレゼンスベースの空間変換のユーザ体験について議論する。我々は,空間横断スケール体験のための全方向ステレオカメラ設定を備えた2種類のテレプレゼンスロボット,車輪付きロボット,およびクワッドコプターを実装した。このテレプレゼンスロボットは,15cmから30mの距離での移動を可能にする。ロボット上の異なるカメラ位置と異なる画像変換法に対するユーザ研究を行った。

 

Satoshi Hashizume, Akira Ishii, Kenta Suzuki, Kazuki Takazawa, Yoichi Ochiai